読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ (2016)

シン・ゴジラ (2016)

 

自動車総連 相原会長のおすすめの映画「シン・ゴジラ」をヘルシンキ行の機内で鑑賞。

ビジネスクラスにて初めての映画鑑賞。

 

旅の日記は別に記録するとして映画評を記録する。

 

まず最初に。

意外に相当面白かった。

 

ゴジラシリーズは鑑賞したことがなかったので、過去の作品と比べようもないが、SFものだが非常にリアリティがあって入り込めた。

ゴジラの登場シーンは意外と少ないため話題の政府意思決定のフローを描いているところが面白い。

内輪の問題に絡め外部からの圧力や内乱。様々な角度から描かれていて興味深い。

庵野監督はエヴァですでにこの辺りは描いているのでお手のものだったのだろう。

使徒がゴジラに置き換わっただけのこと。

 

この日本のお堅い組織と自分のことしか考えない政治家で社会を風刺しながら、日本の良いところ、「チームで戦う時の結束力」を見事に絡めている。

 

中盤はすごく盛り上がるのだが、初めにそれぞれのキャラの立ち位置や人柄が描き足りないからやや導入は戸惑う部分と。

エンディングが少し物足りない。

でもすごく印象に残る映画だった。

 

7.5点