Cinema diary

映画日記

機動戦士ガンダムSEED(2002)リマスター版

かなり面白かったです。

面白いとは聞いていましたが、キャラデザインが美男子美少女すぎて敬遠してました。視聴が終了し、完全に食わず嫌いであったことが判明しました。申し訳ありませんでした。

 

 

トーリーは◎。ファーストのオマージュではあるものの、序盤はどこかで見覚えのある展開や、戦闘シーンのワンパターンから少しダルい感じはあったのだが、中盤から物語が怒涛の展開。目をそらせない。最後のエンディングは消化不良感があるが、納得のいく結末であり、続編があるから良しとする。

そしてこの作品の優れた点のひとつ、声優。キャラデザは最後まで違和感があったが、それを帳消しにするほど声優陣が素晴らしい。キラとカガリ以外。特にアスラン!キャラもいいが声優が素晴らしい。

あえて残念な点、MS。この作品ではモビルスーツは重要な意味を持つが視聴者からするとどうでもいいレベル。だいたい敵軍のをお互い奪取しあっているだけ。視聴者も愛着がわいてこない。ここが自分のガンダム観と相まみえる。せめてもう少しモビルスーツの説明や描写があってもよかったかとは思う。ただこの作品のMSは美しくない…

その他としてはちょっとエッチシーンとかあったり、残虐なシーンがあったり、我を忘れて感情を表に出したり、表層上の戦争アニメじゃないトライをしていて人間味のあるドラマになっている。ただ死んだと思っていたら生きていたが多すぎる。

全体としては非常に楽しめる作品であった。

また見てもいいレベル。

評価点8.0点

AmazonPrimeにて視聴。

 

 

 

広告を非表示にする